スマートフォン、タブレット、パソコンに対応したレスポンシブWEBデザインのホームページの作り方
  • 埼玉県日高市清流110-1
  • お問合せ:090-1659-4216

ホームページの公開(Ⅰ)

公開

サーバーが必要

 作ったホームページを公開するにはサーバーが必要。自分のパソコンをサーバーにすることもできるが専門的知識とセキュリティー知識が必要となる。 一般の場合は、接続サーバー、レンターサーバーなどで公開している。

ホームページの公開(Ⅱ)

接続業者のサーバー

 パソコンをインターネットに接続するために接続業者(soft_bank,au,biglobe.ocn.wakwak…etc)が必要で、契約者がメール等のやり取りするためのサイトがある。 多くのインターネット接続業者がこのサイトの中にホームページスペースを作って無料ホームページサービスをしている。
そのサイトに作ったホームページをアップするとホームページが公開できる。

ホームページの公開(Ⅲ)

レンタルサーバー

 インターネットショップやページ数が多く写真や動画など多いい場合は、レンタルサーバーが必要。レンタル料金は業者によってまちまちで、容量、機能、 など、いろいろ比較して自分の作ったホームページに合ったレンタルサーバーを探そう。

ホームページの公開(Ⅳ)

FTP

 作ったホームページは「FTPでレンタルサーバーに送って公開する」のが一般的です。レンタルサーバーには、アカウントページから送れる 機能が付いていますが、FTPで送ったほうが便利です。ホームページビルダー等はFTPの機能がついているのでFTPソフトをダウンロードする必要はない。 FTPソフト(無料)は、ホームページからダウンロードして使う。